2020年3月12日  

行き詰まったバンドマンへ
【失踪した過去の話】

お役立ち情報

※本記事の内容は解散や失踪を助長するものではありません。誤解のないよう先に明記いたします。

なんでバンドやってるんだっけ

黄色信号 何某ブログ

ふとそう思う瞬間がある方、黄色信号です。バンドをはじめる理由は、モテたいからとか、好きなミュージシャンに憧れて…と様々あると思いますが、バンドを続ける理由は”楽しいから”だと思います。

本記事は、様々なことが原因で行き詰まっているバンドマンに向けた「考え方を少しスイッチしてみては?」という提案の内容となります。

まずは、僕が音楽の考え方を変えるキッカケとなったお話を聞いてください。ちょっとダークです。

失踪した過去の話

逃げる 何某ブログ

以前組んでいたバンドの話。僕は、メンバー間のディスコミュニケーションが原因で精神が不安定になってしまい逃亡(失踪)してしまいました。バンドマンである前に、人として最低な行為であることは今の自分なら理解ができますが、当時の僕はその判断がつかない程の錯乱状態に陥っていたのだと思います。

その後、迷惑をかけた親や友人には謝り倒してなんとか許しを乞うことができましたが、また音楽を始めようとする気など起きず、機材は全て売り払い、今にも破裂しそうな心を癒すために他県へ向かいました。

突然ですが、みなさんは「銀の匙 Silver Spoon」という漫画をご存知でしょうか?有名なので読んだことはなくても一度は耳にしたことがあるかもしれません。銀の匙は少年サンデーで連載していた農業高校を舞台にした学園漫画で、主人公の少年が農業を通して成長し、青春を謳歌する物語。この漫画にはたくさんの名言が出てくるのですが、その中に校長先生のこんなひと言があります。

生きるための逃げは有りです。
有り有りです。

銀の匙 Silver Spoon 4巻

他県で出会った仲間たちは本当に優しくて、僕がこういった経緯で今ここにいるとカミングアウトした時も、数年経てば笑い話だよ、と気さくに受け入れてくれました。その時やっと肩の力がすっと抜けて、常人に戻れた気がします。

仲間と遊んだ日の帰り、たまたまハードオフの前を通りがかった時に「ギター聞かせてよ」と言うものですから、「高いよ〜」なんて言いながら入店しレスポールのギターを試奏させてもらうことに。半年ぶりに触るギターの感触がなんとも…涙腺にきます。ギャっ!とバリバリに歪んだ音を出した時は素直に”楽しい”と思いましたね。それから仲間はそっちのけで30分くらい弾いてたんじゃないでしょうか。

数ヶ月後首都圏に戻り、就職し、今やっている趣味バンドを結成。それから今でも楽しむことを大切にして音楽ライフを送っています。フレーズを決めるのも、セットリストを組むのも、最終的には楽しいかどうかで判断するようになりました。これはきっと、プロだろうがアマだろうが共通です、音楽は楽しくやらなきゃ。

行き詰まった時の考え方

悩み 何某ブログ

行き詰まってしまっているバンドマンのみなさんは、”どうやったらこの状況を打破できるか”と難しく考えるのではなく、”どうしたら楽しく音楽ができるか“と考えてみてはいかがでしょうか。

どんどん深掘りしていけば、自分たちもお客さんも楽しいライブのやり方や、響く曲作りの方法、音楽の方向性まで見えて来ます。それを必死で磨けば立派な個性となってバンドの強みにもなりますよ

ただ、僕のようにメンバー間のディスコミュニケーションで悩んでいる方の場合、関係を修復するのは難しいかもしれません。怒りや怯えは、楽しいという感情の正反対にありますし、人間そんな簡単に変わることが出来ないからです。

「楽しいだけじゃダメだろ」という意見もありますが、ツラいとか苦しいだけでもダメだと思います。ベストは「ツラい、苦しい、だけど楽しくて仕方がない」という感情。なんでも本気でやれば痛みを伴うものですが、楽しい感情の前にそれはカスリ傷でしかないわけです。ただ、ツラいだけなら、やめたほうがいい。

…すいません、少し熱くなってしまいましたが、ケースバイケースで自分の、もしくは自分たちの有益な判断をしましょう、とそうゆうことですね。

おわりに

逃げは有り有りです、と書きましたが失踪していいわけではないですから誤解せずにお願いします。失踪した経験のある本人からすると、もう後悔しかありません。時間を巻き戻したいくらいですorz

少しスイッチするだけで見えなかったものが見えてくることもあると思いますので、行き詰まっているバンドさんは一度”どうしたら楽しく音楽ができるか“を考える時間をとってみてください。

おんがくは、音学ではなく、音楽ですからね。

-お役立ち情報
-, , ,

関連記事

002_機材軽量化・コンパクト化のススメ【ギタリスト向け】-min 何某ブログ

機材軽量化・コンパクト化のススメ 【ギタリスト向け】

悩めるバンドマンのみなさん、こんにちわ。何某(なにがし)です。バンド歴は14年くらいのボーカル&ギタリスト。車の免許をもっていないので、14年ずっと電車でスタジオまで移動しています。 目次1 機材軽量…

続きを読む

009_人気ギターチャンネル 何某ブログ

【2020年最新版】 YouTubeで人気のギターチャンネル14選

おうちにいる時間が長くなり、バンドや音楽が出来なくてうなだれているそこのギタリストのあなた!今回ご紹介するYouTubeチャンネルがその悩みを解決し、自宅でも楽しい音楽ライフを提供してくれます。本記事…

続きを読む

007_2020最新版Youtubeギターレッスンチャンネル14選-min 何某ブログ

【2020最新版】YouTube ギターレッスンチャンネル おすすめ14選

最近はYouTubeにギターレッスンのチャンネルが怒涛の勢いで増えています。無料でギターを教わることができるなんて良い時代になりましたね!本記事では2020年注目のYouTubeギターレッスンチャンネ…

続きを読む

008_海外の人気YouTube音楽チャンネル9選 何某ブログ

バンドマンにおすすめ! 海外の人気YouTube音楽チャンネル9選

今回ご紹介するのは、バンドマンにおすすめの海外YouTube音楽チャンネルです。海外って聞くだけで敷居の高さを感じるのは僕だけじゃないはず。ですが、面白い、為になる、役に立つチャンネルが沢山ありますよ…

続きを読む

プロフィール

nanigashi_eyecatch 何某ブログ

鈴木何某
Nanigashi Suzuki

音楽ラブの趣味ミュージシャン。高校生の頃プロ目指してバンド活動を開始、解散&挫折を繰り返して一度どん底まで落ちる。その後リフレッシュして趣味に切り替えた途端一気にやる気爆発。趣味バンドで楽しく音楽ライフをおくっています。