機材紹介〜エフェクター編〜

エフェクター

チューナー 
KORG Pitchblack mini PB-MINI

s-nanigashi_KORG-Pitchblack-mini-PB-MINI
  • 大きくて見やすいディスプレイ
  • 表示はレギュラー、ストロボ、ハーフ・ストロボから選べる
  • たばこより小さい

軽い、小さい、安い、見やすい。4拍子揃ったチューナーです。BOSSやTC Electronicも使いましたが、僕はこれが1番使いやすかったです。
軽いとどうしても転んでしまいがちですが、裏に転倒防止のスタビライザーがついてます。「便利」も加えて5拍子ですかね、良いチューナーです。

プリアンプ 
Xotic EP Booster

s-nanigashi_Xotic-EP-Booster
  • たばこより小さいミニマムボディ
  • ただ少し高さがあるので注意
  • 通すだけで音が元気になる

今でこそ沢山のエフェクターを使っていますが、実は前までアンプ直でプレイしていました。エフェクターの知識とか全くなくて、エフェクター=音質劣化の原因くらいに考えてたんですが、これを楽器屋さんに勧められて試しに使ってみたら、音の元気っぷりビックリして即購入しました。
設定はONにしっぱなしで繋ぐだけ、ノブは回しません。それだけで十分元気になります。欠点といえば、ライトが眩しいところでしょうか。

ブースター 
ZOOM PD-01

s-nanigashi_ZOOM-PD-01
  • GAIN抑えめでLEVELあげるとクリーンブースターに
  • バンドで合わせると混ざり・抜けが良く聞こえる
  • 重い

スイッチを踏むだけでそのまま音量があがるエフェクターを探していて、知り合いの詳しい人に「これいいらしいよ、皆使ってるよ」と教えてもらい購入。
このエフェクターはオーバードライブなのでGAINを回していけばがっつり歪むんですが、私と同じようにGAINを抑えめにし、LEVELを上げてクリーンブースターのように使ってる方が多いみたいです。
結論言うと、音は変わります。丸みを帯びてZOOMの香付けがされるイメージ。ギターだけの音で聞くと「音変わったけど大丈夫か?」と不安になりますが、バンドで合わせると混ざり・抜けが非常に良く聞こえ、イーノックも「大丈夫だ、問題ない」と返事せざるを得ません。難点は、重いこと。

ノイズリダクション 
ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

s-nanigashi_ISP-TECHNOLOGIES-DECIMATOR-II-
  • ツマミ1発!自然なノイズ除去をしてくれます

僕が購入した中で、トップクラスに良い買い物だったのがDECIMATOR II です。楽器弾く人って、音出すことと同じくらい音出さないことも重要だと思っていて、意図的ではないノイズは絶対に取り除くべきだと思います。
他のノイズゲートも試しましたが、”自然”という意味ではこいつが最強だと僕は思いました。

写真では顔がのっぺらぼうですが、本当は大きくDECIMATOR II と書かれています。愛し過ぎてピカールで磨いてしまった結果です。。

ディレイ 
DOD Rubberneck Analog Delay

s-nanigashi_DOD-Rubberneck-Analog-Delay
  • ウォームで豊かな音色を備えた100%アナログ回路のディレイ
  • いろんなディレイ効果を演出する機能がついたユニークな奴
  • 他のエフェクターと接続できるセンド・リターン端子も付いてます

都内有名楽器店の元スタッフの方に勧められて購入しました。

「アーティストの素晴らしい演奏に影響を受けて曲が思いつくことってあると思うんですけど、同様にエフェクターの音色に影響を受けることもあると思うんです。ディレイ持ってないのなら、これはあなたの知らない世界をきっと見せてくれます。曲かけるかも。」この超魅力的なセールストークにやられました。

でも後悔なんか全くしてません。実際にそのあとすぐ、曲書けましたからね♪

リバーブ 
Electro-Harmonix Holy Grail(旧タイプ)

s-nanigashi_Electro-Harmonix-Holy-Grail
  • 電源アダプターはミニフォーン・プラグのΦ3.5/TIP+に変換が必要
  • リバーブタイプはスプリング・ホール・フラーブから選べる
  • デカい

購入動機は、ジョン・フルシアンテに憧れて。以上。アダプタは変換が必要ですし、デカくて場所とるし。。なのですが、この箱にジョンの面影を見る度に、モチベがあがるエフェクターです。

リバーブノブを回していくと、どんどん原音が薄れていくので、僕は9〜12時くらいの間でリバーブが香る程度にセットして使っています。

ハーモナイザー 
TC ELECTRONIC Quintessence Harmonizer

s-nanigashi_TC-ELECTRONIC-Quintessence-Harmonizer
  • キーやスケールといった細かい設定も可能
  • MASHを使用すると、ベンドさせたり一瞬だけかけたりできる

お遊びで山口百恵のコピーバンドをやっていた時に、プレイバックPart2をやろうって話になったんです。プレイバックのイントロのギターフレーズは、おそらく2本のギターでハモってると思うのですが、バンドにはギターが僕ひとりしかいない。困ってしまって音屋(サウンドハウス)さんでネットサーフィンしてたところ、こいつを見つけました。
ギター単体ではハモりがちょうど良い音量で聞こえても、混ざると目立たなくなる傾向にあるので、ちょっとかけすぎかな…と思うラインまでノブを回しちゃって良いと思います。直感的に使えるので扱いやすさもGOOD!!

パワーサプライ

One Control Distro All In One Pack Black

s-nanigashi_One-Control-Distro-All-In-One-Pack-Black
  • IN 9VDC(センターマイナス)
  • OUT 9VDC OUT x 8個+12~18Vの間で可変可能なSAGが1つ付いています
  • 小さくて便利(98W×35H×48Dmm、127g)
  • アルミ削りだしなので低ノイズ

以前、Crews Maniac SoundのG.O.Dを歪みで使っていた(歪み過ぎるので自分には合わず売ってしまいました…)のですが、それが9〜15Vだったんですね。だったら15Vの方がいいでしょってことで色々とパワーサプライを探した結果、Distro All In One Packにたどり着きました。

投稿日:

執筆者:

プロフィール

nanigashi_eyecatch 何某ブログ

鈴木何某
Nanigashi Suzuki

音楽ラブの趣味ミュージシャン。高校生の頃プロ目指してバンド活動を開始、解散&挫折を繰り返して一度どん底まで落ちる。その後リフレッシュして趣味に切り替えた途端一気にやる気爆発。趣味バンドで楽しく音楽ライフをおくっています。